格安SIMマイネオでXperia Z5(au・VoLTE端末)への機種変更

このエントリーをはてなブックマークに追加

格安SIMのマイネオは、月額1600円(AU回線の場合)で月3Gの容量(mineoコミュニティ「マイネ王」のフリータンクから1Gを貰って合計4G)まで通話・データ通信が利用できます。
今回、これまで使っていたXperia Z3から新しいVoLTE端末Xperia Z5(au・SOV32)へ機種変更しましたので、その手順をブログに纏めます。

(1) SIMカードの再発行
Xperia Z5を使用するためには、VoLTE対応のSIMを装着する必要があります。
これまで使っていた非VoLTEのNano SIMは使えません。
よって、マイネオのサイトより、SIMカードの再発行手続きを行いました。
申し込みから3日後に、新しいSIMカードが届きました。

(2) SIMロック解除申請
マイネオのAU回線の契約では、これまでAUの端末ならば、マイネオのSIMを挿せばそのまま使えましたが、Xperia Z5以降のVoLTE端末は、SIMロックを解除しなければ使えません。
各キャリアは、最近の格安SIM(MVNO)への顧客流出に頭を悩ませているようで、これはその歯止めの措置なのかもしれません。
SIMロックの解除申請は、発売から180日後の端末なら、AUショップの窓口にて、3240円で受け付けて貰えます。この際、端末と身分証明書の提示が必要となります。

なお、SIMロック解除は、AUのネットワーク利用制限が×になっている端末は受け付けて貰えません。ネットワーク利用制限が△の端末は未だ分割の支払いを終えていませんので、万が一、端末の契約者の支払いが滞ればAUから利用停止の処分を受け、将来ネットワーク利用制限が×に変わる可能性もあります。その場合、4G通信が止まりますので事実上、その端末は二度と使えなくなります。
以上の事を踏まえ。多少高くは付きますが、今回もネットワーク利用制限が〇の中古端末をヤフオクから入手する事にしました。

*2017年7月13日 追記
 auでは、SIMロックの解除申請は、2017年12月1日より、端末の契約者のみしか解除できなくなります。その他条件も変更となっており、8月1日からは購入日より101日以降で解除可能、12月1日からは一括払いであれば即解除可能(但し、契約者本人の購入履歴がある場合に限る)

(3) 回線切替
SIMカードが届き、端末のSIMロック解除申請が完了したら、都合の良い時間帯(MNP受付時間は9:00~21:00)にマイネオのサイトから回線切替を行います。処理実行後、約30分で新しいSIMへ回線が切り替わります(au回線の場合)。

(4) SIMカード装着
回線切替の完了時間になったら、端末の電源を切った状態でSIMカードを装着します。

(5) SIMロック解除(au回線の場合)
端末の電源を入れ、Wi-FiをONにした状態で、設定の「SIMカードステータス」において、SIMカードのステータスを更新し、SIMロックを解除します。

(6) SIMのCPA設定
Wi-FiをOFFにし、設定の「高度な設定」でSIMのCPA設定(APN等の設定)を行います。
マイネオへ正常に接続されれば、CPA接続ががON「接続しました:mineo」になります。

(7) ラインデータの復元
予め、Xperia Z3からPCにバックアップを取っておいたラインのトーク履歴を新たな端末Xperia Z5にPCとUSB接続し復元します。ラインのトーク履歴のデータは、内部ストレージ内のフォルダ”LINE_Backup”に保管されています。ラインでトーク履歴をバックした直後はバックアップ・フォルダに反映されないため一旦端末を再起動してPCと接続すればバックアップデータが表示されます。
必要に応じて、内部ストレージにあるその他アプリのデータ(SNOW, Ringtonesなど)も復元します。
私の場合、音楽と画像のデータは全てSDカードに保管しているので、それらのデータの移管は、SDカードの差し替えだけで済みました。
なお、ラインアカウントやモバイルSuicaなどのおサイフケータイアプリは、前の機種のアプリで事前に機種変更の手続きを行っておく必要があります。

*2017年8月3日 追記
 ラインのトーク履歴は、最新のラインアプリでは、googleアカウントへ全データの自動バックアップと復元が出来るようになりました。
⇒設定 →トーク →トーク履歴のバックアップ・復元 →Googleドライブにバックアップする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です