悪質なBOTからのアクセスを制限

 

Mission Impossible     

* このページは、常時更新中です。

本サイトに設置したPerlのアクセス解析プログラムのログとWordPressのプラグイン「NewStatPress」の分析結果を調査しました。
その結果、相変わらず、自身をBOTと名乗らない迷惑BOTから大量のアクセスがある事が確認できました。

そのBOTについてですが、当サイトでは以下のような種類を確認しています。

(1) 手当たり次第に掲示板やコメントフィールドへ商品の宣伝を書き込む「SPAM・BOT」
⇒ “Google No CAPTCHA reCAPTCHA”により、全てガードされています。

(2) WordPressへのログインを試みる「ハッキングBOT」(Brute Force Attack)
⇒ “Google No CAPTCHA reCAPTCHA”により、全てガードされていますし、更に、強固なパスワードに変更していますので、まず大丈夫でしょう。

* 4月20日 追記
その後、更にログ解析を進めた結果、ログイン名とパスワードをWordPressのxmlrpc.phpへ送信する方法で、裏口からの侵入を試みる多数のハッキングサイトを確認しました。 因って、そのIPアドレスを本日ブロックしました。

(3) プラグインの脆弱性を利用し、記事の書き換えを試みる「ハッキングBOT」
⇒ 当該プラグインは当サイトでは使用していません。なお、当サイトでは、プラグイン「Revslider」等へのアタックを確認しています。 ⇒ wp-config.phpを閲覧することで、彼らはDBやWebサイトへの侵入を企んでいます。

これらのアタックサイトに関しては、Windows XPやWindows 2000等のセキュリティが脆弱なPCやWebサイトがウィルスに感染し、それを踏み台にして邪悪なBOTへと変貌している可能性が考えられます。

上記の調査結果を踏まえ、これ以上、悪質なBOTの行為を許す事が出来なくなりましたので、この度、特に悪質なBOTへの大規模なアクセス制限を実施しました。

以下は、Apacheの「.htaccess」に追記した当サーバーへのアクセス拒否設定の一部です。
* 10月1日時点において、合計で302個のIPアドレスを昇順に定義しています。