銀星囲碁16(七段)との初手合

シルバースタージャパンから新発売された世界最強・銀星囲碁16(七段)と対局しました。
今日は時間が無かったので、15秒の設定です。お互いにあまり考えて打っていません。
短い時間設定なので、多分、七段の棋力は出せていないと思います。
ヨセに入った時点では私が優勢でしたが、左下隅のヨセで私が大失敗し、銀星先生の中押し勝ちとなりました。その後、普通に寄せると8目以上の差が開いているかと思います。
これで、また良いバッティングマシンを手にする事が出来ました。(*⌒▽⌒*)

《 考慮時間 》
 黒● Senri :24分18秒
 白○ 銀星(七段) :19分37秒

《 棋風 》
 勢力型

《 マシン・スペック》
 ・Windows7 Ultimate (32 bit Operating System)
 ・AMD Athlon 64 X2 Dual Core Processor 5000+ 2.6GHz


棋譜再生

銀星囲碁14との対局(その2)

お店が暇なので、囲碁ソフト「銀星14(六段)」と白番・互先で対局しました。
右上隅の攻防で、大ナダレ定石を仕掛けて来たのには焦りました。(;゜ロ゜)
結果は白の中押し勝ちです。
実は、3月4日発売の世界最強・銀星囲碁16(七段)を予約済みなので、届くのが楽しみです。
マシンスペックを高めて、考慮時間を増やせばもっと強くなる筈なので、そうなったら、銀星先生には、最早かなわないと思います。

以下に、銀星14(六段)との棋譜(解説無し)を貼っておきますね。
なお、手持ちの銀星14はヤフオクに出品していますので、欲しい方は是非、入札して下さいね。(^_-)


棋譜再生

《 考慮時間 》
 黒● 銀星(六段) :22分19秒
 白○ Senri :21分19秒

《 棋風 》
 実利型

《 マシン・スペック》
 ・Windows7 Ultimate (32 bit Operating System)
 ・AMD Athlon 64 X2 Dual Core Processor 5000+ 2.6GHz

銀星囲碁14との対局 (2015-11-27)

久々に囲碁ソフト「銀星14(六段)」と白番・互先で対局しました。
私のコウ立てミスなどで、だいぶ損をしましたが、何とか勝てました。

後の検討で分かったことですが、白178は手抜きが出来ました。(変化図・白2の手順)


棋譜再生

《 考慮時間 》
 黒● 銀星(六段) :28分59秒
 白○ Senri :30分22秒

《 棋風 》
 勢力型

《 マシン・スペック》
 ・Windows7 Ultimate (32 bit Operating System)
 ・AMD Athlon 64 X2 Dual Core Processor 5000+ 2.6GHz

VS 天頂4

暇つぶしで、囲碁ソフトの天頂4(五段/15秒モード)と互先白番で対局しました。

お互いに短時間の着手なので疑問手が目立ちますが、終始殺し合いの戦いでした。上辺の白の一団が殺された代わりに右辺と下辺の黒の大石が全滅した事で黒が投了し白中押し勝ちの結果となりましたが、白が潰れてもおかしくない際どい戦いでした。

それにしても、天頂先生の棋風は激しすぎるので、気が抜けず疲れます(__;)

《消費時間》
 ○黒: 天頂4 – 20分33秒
 ●白: 千里 – 14分21秒

 棋譜 ⇒ VS 天頂4

北朝鮮製の囲碁ソフト「銀星」にリベンジ

前回、惜敗した北朝鮮製の囲碁ソフト「銀星14」との再戦です。
今度は、私が黒番で互先で対局しました。
結果は、黒の中押し勝ち。
コンピュータ囲碁の脆さが出てしまった一局かと思います。

棋譜は、こちら⇒ 棋譜

【 手合割 】
 互先・黒6目半コミ出し

【 消費時間 】
 黒: 15分19秒 … 5D Senri
 白: 19分06秒 … 6D 銀星14 (勢力型/考慮時間:一手15秒+相手の考慮時間)

【 Machine Spec 】
Processor: AMD Athlon(tm) 64×2 Dual Core Processor 5000+ 2.6GHz
RAM: 6.00GB
Windows 7 Ultimate (32bit)

北朝鮮製の囲碁ソフトに敗れる

昨夜、暇な時間に、久々にCPUと囲碁対局をしました。

思考エンジンが北朝鮮で開発されたとされる謎の囲碁ソフト「銀星14」との対戦です。
銀星シリーズは、日本国内の企業「シルバースタージャパン」から販売されています。
その銀星14の棋力は、アマチュア6段です。
最新バージョンの15は、6段強だそうです。
北朝鮮のIT技術は、侮れないです。

因みに、近年、囲碁ソフトが飛躍的に強くなった要因は、量子力学で使われるモンテカルロ法の理論を囲碁ソフトの思考エンジンに取り入れたからです。

結果は、私の序盤での失敗が大きく、銀星14の黒番1目半勝ちでした。 (__;)
15秒モードに負けてしまったのは、ショックです。
CPUの思考時間のペースに合せて打ってると、負かされてしまいますね。 (T.T)


棋譜再生(少し解説を記載)

【 手合割 】
 互先・黒6目半コミ出し

【 消費時間 】
 黒: 25分24秒 … 6D 銀星14 (勢力型/考慮時間:一手15秒+相手の考慮時間)
 白: 34分39秒 … 5D Senri

【 Machine Spec 】
Processor: AMD Athlon(tm) 64×2 Dual Core Processor 5000+ 2.6GHz
RAM: 6.00GB
Windows 7 Ultimate (32bit)