コンセプトの変更

ラビリンスの閉業に伴い、当サイトのコンテンツ(SEOも含む)を全般的に修正しました。

今後は、現在勤務するお店やラビリンス以外のテーマで更新する予定ですので、どうぞ宜しくお願いします。

なお、WordPressプラグン「Transposh」の不具合により、英語モードに切り替えた際の変換結果(句読点)が乱れています。

ただ今、原因を調査中です。ご不便をお詫び申し上げます。

携帯端末のサポート

このサイトは、PCとスマートフォンを標準でサポートしています。
しかし、意外にも未だ携帯端末を使われている方が多いようですので、取りあえず、プラグイン「Ktai Style」の導入で、携帯端末でも表示できるようにしました。

携帯モードの場合は、簡略表示となり、完全な形では表示できないのが残念ポイントですが、そのうち、従来型の携帯電話(ガラケー)は無くなるでしょうから、これはそれまでの暫定措置と云ったところでしょうか。 😓

なお、タイトル画像は、日本の主要3キャリア(DoCoMo/Au/SoftBank)の携帯端末ブラウザをシミュレートするFireMobileSimulatorの画面です。

P.S.
表示できない部分が多いので、今後、テーマとプラグインを修正するかもしれません。

 

* 6月3日 追記
👇 とりあえず、修正完了です。 携帯画面に関しては、以下の「Gooモバイル サイトビューワ」が一番適切に表示出来るようです。 実は、「WP Super Cache」の設定変更も必要となり、少し手こずりました。

* 6月8日 追記
こちらの関連記事もご覧下さい。👉 ガラケー対応とシステムの改修

画像掲示板の変更

画像掲示板のプログラムは、急遽、セキュリティ対策のために修正され、新しいシステムに本日交換されました。

* 5月19日 追記
画像掲示板のプログラムを改修し、Lightboxの最新バージョン(2.7.1)を組み込みました。
写真をクリックすると、同一画面上に写真がポップアップ表示されます。
最新バージョンのLightboxは、jQueryをベースに開発されています。

* 5月22日 追記
関連記事はこちら 👉 Joyful Note X のソースを公開

サポート言語の変更のお知らせ

現在、マルチリンガルのプラグイン「Transposh」について、翻訳エンジン「Microsoft Translator API」よりサポートされる「Bing」は、タガログ語に対応していません。

よって、本日、サポート言語からタガログ語を除外する事にしました。

これにより、本サイトでサポートする言語を以下の通り、12カ国語に変更しました。

英語、日本語、フランス語、イタリア語、ロシア語、中国語(繁体字、簡体字)、韓国語、ポルトガル語、ドイツ語、スペイン語、タイ語、インドネシア語

参考までに、過去3ヶ月間におけるGoogle Analyticsの国別セッション数の統計情報を以下に示します。

お遊びで BGM ボタンを追加

BGM

あなたは、未だお気付きでないかもしれませんが、このサイトにお遊びでBGMボタンを追加しています。

今後、ギャラリーやブログの記事にも気まぐれでBGMボタンを更に置くかもしれません。

なお、ミュージックの自動再生は迷惑でしょうから、デフォルトではOFFにしています。

再生したい場合、再生ボタンをクリックして下さい。 (^_-)

急遽、サーバーを移転しました!

server

前のレンタルサーバーですが、アクセス超過により帯域幅制限の10GBを超えてしまい、先日Webサーバーを止められてしまいました。

月額100円のワンコインサーバー故に仕方ないと思っていたのですが、特に安定したサーバーでもないし、沢山のコンテンツ制限に加え、帯域制限もあったので、これ以上使い続ける価値は最早無いものと判断し、急遽サーバー移転を決意しました。

そこで、前のサーバーからWordPressのシステム全体とデータベースをバックアップし、昨日、移転先のサーバーにレストアしました。
未だ、一部のプラグインの動作に問題がありそうですが、DBの復元も成功し、全体としては動くようになりました。

移転先のサーバーもまたワンコインサーバーですが、帯域幅無制限で、HDD容量は20GB(前のサーバーは1GB)ありますし、大手企業がバックボーンなので、今度は大丈夫でしょう!

いや、そう祈りたいです。 (^_^;)

機能追加のご報告

本サイトに以下の機能を追加しました。

(1) キャッシュ機能
WordPressサイトの画面表示を高速化するためのプラグイン「WP Super Cache」を導入しました。
なお、キャッシュの関係と思われますが、NewStatPressのサイト統計情報タブにおいて、「本日の訪問者」が画面上で更新されない現象を確認しています。
しかし、最新の情報は、ブラウザの更新ボタンをクリックすれば正しく表示されるようなので、当面はそれで対応をお願いします。
(これは単に、ブラウザのキャッシュの問題かもしれません)

(2) Easy FancyBox
サムネイル画像を別ウィンドウに拡大表示させるためのプラグイン「Easy FancyBox」を導入しました。

Easy FancyBox

Easy FancyBox

 

上記以外にも多くの機能を追加していますので、その詳細につきましては、ブログの「WordPressマルチリンガルサイトの推奨プラグインを全解説!」をご覧下さい!

開発完了報告

このサイトの開発を一通り終え、ブログの「WordPressマルチリンガルサイトの推奨プラグインを全解説!」に開発の経緯を時系列で纏めましたので、ご覧下さいませ。

なお、マルチリンガルをサポートするプラグイン「Transposh」は、Webサイトのマルチリンガル化に素晴らしい貢献をしますが、自動翻訳機能に関しては全く役に立ちません。

現在、ブログ等の英訳に関しては、自動翻訳のまま放置した記事も残っていますが、下手ながら、私が手作業で徐に翻訳しています。
参考までに、この記事の英訳はこちら⇒ http://www.senris.com/news/completion-report/?lang=en

しかしながら、その他の言語については、全く手が回らない状況です。

Transposhですが、他の方が翻訳しても良い設定にしています。 (*以下の設定項目)

* “Who can translate ? -> ■Anonymous”

もし、英語以外の言語で、ボランティアで翻訳が出来る方がいらっしゃいましたら、是非、Transposhでの翻訳をお願いしたいと存じます。

Transposhの説明については、こちらをご覧下さい⇒ http://transposh.org/

以上、宜しくお願いします。

Regards,
Senri

アンチSPAM対策

当サイトのセキュリティ対策の不備により、ブログやコンタクトフォーム等にSPAMロボットから毎日、膨大なSAPM投稿が送信され、攻撃を受けていましたので、本日、その対策を講じました。

SPAM投稿の大半は、WordPressのプラグン「Akismet」により捕捉されますが、中には、そのガードをすり抜けるSPAM投稿も存在します。
SPAMロボットの投稿か、人間の投稿かの判断は難しい場合があり、Akismetのガードだけに頼る事はできません。

その為、今回の改修では、コメントフォーム、ログインフォーム、コンタクトフォーム、ギャラリー、ニュース、ゲストブック等のコンテンツに、Googleが開発した人間かロボットかを判別する最新のAPI「No CAPTCHA reCAPTCHA」ならびに、「reCAPTCHA」を組み込む事にしました。

対応するWordPressのプラグインは、以下の通りです。
(*マークは、Contact Form 7が使用)

Google Captcha (reCAPTCHA) by BestWebSoft
Google No CAPTCHA reCAPTCHA by WisdmLabs *
Really Simple CAPTCHA *
Contact Form 7
DMSGuestbook

パーマリンクのトラブルから回復

パーマリンクとは、WordPress標準の動的URLを静的URLとして、再定義するメカニズムです。
たとえば、ブログのURLは、デフォルトでは以下の記述です。

http://www.senris.com/?page_id=14

これをパーマリンクの機構で、以下のような記述に改める事が出来ます。

http://www.senris.com/blog/

この記述の方が分かりやすいし、検索エンジンにも認識し易くなるので、SEOでも有利になるとされています。
この処理は、WordPressにより追加された「.htaccess」内の以下のコマンドにて、Apacheサーバーの「mod_rewrite」により実行されます。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ – [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

さて、遅きに失し、今頃パーマリンクを設定した影響で一部のDBが壊れてしまいました。
Transposhとの連動にも問題があります。
原因は、プラグイン「Custom Permalinks」との相性問題のようです。
現在、このプラグインを停止させ、DBを復旧中です。(m_m)

因みに、Trashが空にも拘わらず、Custom Permalinksが居ないと、パーマリンクのアドレスの中の余計な枝番「***-2」が取れません。しかし、Custom Permalinksが居ると、Transposhとの連動に失敗します。
MySQLのDBに手を加えれば治るかもしれませんが、WordPressが動かなくなる危険性があるので、当面、Custom Permalinksを外し、枝番有りの状態で運用する事にします。

最後にもう一点、TOPページにHTML5で作られた時計をiframeで貼っていますが、Transposhでは表示できないようです。テーマのPHPヘッダーファイルは、少し手を加えていますが、HTML5対応ではありません。しかし、iframeの中は表示されると思うのですが、良く分かりません。

以上の件で、誰か技術的に詳しい方がいらしたら、サポートをお願いしたいところでございます。

【 2月19日更新 】
P.S. その後、私の実験により判明した事を追記しておきます。

「Transposh」のプラグイン設定「Settings」タブの中の「General Settings」で「Rewrite URLs」のチェックを入れてはいけないようです。この説明を読むと、一見、パーマリンクに対応するようですが、パーマリンク設定にした場合、デフォルトの言語以外のページのリンクが正常に機能しなくなります。よって、システムをパーマリンク設定にする時は、このチェックを外す必要があります。

Transposh_General-Settings

【 3月6日更新 】

◆付記

本サイトにおけるパーマリンク形式の選定に関しては、以下の記事を参考にしました。

http://teihyou-box.com/wordpress-permalink-best

1 / 212